大判カメラで撮影した写真集を中心にご紹介します。
イメージ
名称
著者
特長/出版社
石橋睦美
ブナ林、ヒバ林、シラカバ林、照葉樹林、針葉樹林など、北海道から屋久島まで、日本各地のすばらしい森をたずね、その最も美しい姿をとらえる写真集。撮影したすべての森の詳しい解説つき。平凡社/5040円
石橋睦美
樹の生命力と色彩に満ちた森林帯の美。北海道の針広混交林から東北のブナ林、世界遺産の屋久島の森、沖縄・小笠原の亜熱帯林まで、日本文化を生んだ豊かで多様な森林の魅力を求めてめぐる写真集。平凡社/4830円
吉村和敏
雪解けの東北地方から大型カメラをもって、日本各地の撮影をスタートさせました。この写真集には、海や川、森や草原のほか、雪原の漁船、山裾の田植え、バス停の地蔵、農家の昼休み、軽トラック、菜の花が咲く線路など、今そこにある、素朴で飾らない日本の風景がおさめられています。
鈴木一雄著
これまで、裏磐梯や尾瀬、そして小国を舞台として多くの写真集・写真展を開催してきた鈴木一雄さんの、取材15年以上におよぶ桜の集大成。九州から北海道まで全国各地の桜83点が収録されています。百年に一度の満開の桜に大雪の光景や山奥の急斜面に咲き誇る樹齢600年のエドヒガンなど、奇跡ともいえる桜の姿も周囲録されています。日本写真企画/3,150円(税込)
いかるが幹
兵庫県「竹田城址」は戦国時代の石垣が現存する日本一の山城。「兵どもの夢の跡」が、その麓に暮らす私にとっては「雲上の夢舞台」です。まるで劇場に足を運んだかのように、様々に演出される姿は美しく撮影に飽きることはない。特に朝夕の多様な変幻や、朝霧が絡まる天空城の光景は格好の被写体となる。四方を山々に取り囲まれた「お城」を地元住人の目で追い求め、その自然美を中判のポジフィルムでとらえた作品です。日本写真企画/2,940円(税込)
吉村和敏

「物」と異空間の劇的な写真集。過ぎ去った歴史的な時間と、今そこに生きる人々の熱い思いが重なった工場。その工場に、鉱山から切り出された石灰岩が静かに流れていく。錆びついた記憶のような風景。時間が絵筆をとったような色彩。長い航海の予感と美しい沈黙。工場の静寂の中で、「物」とそれが存在する異空間が、見る者に不思議な感動をよびおこす。大判カメラで撮影のこだわりの写真集。ノストロ・ボスコ3990円(税込)

Copyright (C) 2009 Y's CREATE CO.,LTD. All Rights Reserved