ペコプロフィアPL

フロントとリアのスタンダード部分を片持ちのL型アームで支えているのが、ZTやNTとのいちばんの違いである。アオリ機構にも合焦機構にもすべてラック及びピニオンギアによる精密な微動装置があり、スムーズで正確なアオリ操作が可能になっている。またアオリ回転軸やシフト装置すべてには、0基準点のクリックストップが設けられている。袋蛇腹と広角用沈みボードの併用で、最短22ミリという短いフランジバックが得られる。また、バック部には被写界深度スケールが装備されており、アオリにともなう不要なレンズの絞りすぎを防ぐことができる。
【標準価格】578,000円+税
【ワイズ価格】

【型 式】4x5インチビューカメラ
【画面サイズ】4x5インチ判(6x7、6x9、6x12Cm判)
【レンズマウント】165x165mm/リンホフボード可
【焦点調節】ピントガラスによる
【バック部】国際規格4x5インチ判、縦横位置差し替え式
【アオリ機構】
センター&ベースアオリ
(フロント部) 
♢チルト 前35度、後35度(蛇腹により制限有) 
(ベースチルト前35度、後35度(蛇腹により制限有))
♢スイング 360度(蛇腹により制限有) 
♢シフト左右各44mm 
♢ライズ95mm 
♢フォール24mm
(バック部) 
♢チルト 前35度、後35度(蛇腹により制限有)
(ベースチルト前35度、後35度(蛇腹により制限有))  
♢スイング 360度
♢シフト左右各44mm   
♢ライズ95mm
♢フォール24mm
【最大フランジバック】mm
【最小フランジバック】mm
【三脚ネジ】 JIS規格1/4インチ(AD)又は3/8インチ
【外形寸法】 mm(横)xmm(高)xmm(幅)
【重量】 g
【材質】 アルミ材
【その他】

ドイツのプラウベル社は1902年大判カメラを紹介して以来、100年以上の歴史をもつドイツの名門会社である。往年の名機ペコフレックスの名称を継承し、ペコプロフィアというシステムビューカメラを製造し、数多くのカメラマンの方々に愛用されております。5x7、8x10判もあり。
《広角レンズから望遠レンズまで使用可能》後部スタンダードが前に移動するため最短フランジバックを68ミリを実現、焦点距離65ミリクラスの超広角レンズの使用も可能です。また最大フランジバックは340ミリでフラットパネルでワイド設計の300ミリレンズ、テレ設計の400ミリレンズも使用できます。またレンズスタンダードのセットを変更する事で最大000ミリのフランジバックの実現も可能で高倍率接写等に大変有利となります。
取扱メーカー・商社=アナミ海外株式会社
Copyright (C) 2009 Y's CREATE CO.,LTD. All Rights Reserved.