大判カメラ撮影に適した撮影地を紹介致します。手軽な首都圏もありますので是非足を運んで下さい。
《東京大学構内》 東京都・文京区
正式名称:東京大学
所在地 : 文京区本郷7-3-1
問合先 : TEL 3812-2111
本郷キャンパス代表
交通 : ◇本郷三丁目駅(地下鉄丸の内線) 徒歩8分◇本郷三丁目駅(地下鉄大江戸線) 徒歩6分◇湯島駅又は根津駅(地下鉄千代田線) 徒歩8分◇東大前駅(地下鉄南北線) 徒歩1分◇春日駅(地下鉄三田線) 徒歩10分
《施設解説》東京大学は日本初の大学。江戸幕府の昌平坂学問所や天文方、さらに種痘所からの流れを汲み、欧米諸国の諸制度に倣い日本で初めての近代的な大学として設立され、後に政府直轄の大学となり「帝国大学」と改称した。その後、京都帝国大学設置に伴い「東京帝国大学」と改称した。第二次世界大戦後、「国立東京大学」となった。
《大判撮影ポイント》大判カメラマニュアル発行にあたっても安田講堂、中央図書館など沢山の作例写真を撮影した場所。三脚を立ててゆっくりとアオリ撮影も可能。11下旬から12月上旬に掛けての正門から安田行動へ続く銀杏並木がとても奇麗で一面黄色の世界が広がる。特に建物等は形の修正アオリの被写体に最適。ワイズクリエイトからも徒歩3〜4分。
《新宿御苑》東京都・新宿区
正式名称:新宿御苑
所在地 : 東京都新宿区内藤町11番地
問合先 : 03-3350-0151
環境省 新宿御苑管理事務所
交通 : ◇地下鉄丸の内線 新宿御苑前駅より徒歩3分
《施設解説》明治39年に信州高遠藩主内藤家の屋敷が新宿御苑として生まれ変わる。当初は皇室の庭園として造営されたが戦後、国民公園となり多くの来園者を誇る。 広さ58.3ha、周囲3.5kmの庭園にはプラタナス並木で有名なフランス式整形庭園などがあり、数少ない国の風景式庭園の名作と言われている。トイレ休憩施設も完備。
《大判撮影ポイント》なにしろ四季を通じて楽しめる、絶好の撮影地。特に大判カメラでも三脚使用の規制も無く、ゆっくりゆったり撮影を楽しめる。プラタナスの木を形の修正アオリを使用して撮影するのも良し、各所の池を配してチルトアオリでパンフォーカス写真を撮影するのも良し。大判ユーザーなら一度は行ってみたい
《岩崎邸》 東京都・台東区
正式名称:旧岩崎邸庭園
所在地 : 台東区池之端1-3-45
問合先 : TEL 3823-8340
旧岩崎邸庭園サービスセンター
交通 : ◇地下鉄千代田線「湯島」(C13)下車 徒歩3分 ◇地下鉄銀座線「上野広小路」(G15)下車 徒歩10分◇地下鉄大江戸線「上野御徒町」(E09)下車 徒歩10分◇JR山手線「御徒町」下車 徒歩15分
《施設解説》旧岩崎邸は1896年(明治29年)に三菱創設者・岩崎家本邸として建築。ジョサイア・コンドル(イギリス)によって設計され現存するのは洋館・撞球室・和館の3棟。木造2階建・地下室付きの洋館はヨーロッパ式邸宅で近代日本住宅を代表する西洋木造建築。館内の随所に見事なジャコビアン様式の装飾が施されていて同時期に多く建てられた西洋建築にはない繊細なデザインが、往事のままの雰囲気を漂わせていつ。

《大判撮影ポイント》岩崎邸の入り口から見上げる洋館は垂直線を修正しての建築写真撮影が可能。形の修正アオリは被写体が伸びるのでピントガラス上では多少小さめにとらえてからアオリを実施。また庭より撮影する場合はライズとスイングを使い複合アオリの勉強にもピッタリ。

Copyright (C) 2009 Y's CREATE CO.,LTD. All Rights Reserved